コンテンツへスキップ

JLGC Blogs

「エルムシティ」回復へ ~ ニューヘブン市の環境問題への取り組み

どのように環境問題と若年層の雇用問題を両立させるのか?「グリーンスキル」と呼ばれる「樹木にやさしい」ことをテーマにした取り組みがニューヘブン市で長年行われている。アメリカ大陸入植直後の1638年から、エルム(ニレの木)の… 続きを読む »「エルムシティ」回復へ ~ ニューヘブン市の環境問題への取り組み

旧産業地帯『ブラウンフィールド』の再開発による商業の活性化

米国中の大都市は今、ブラウンフィールドと呼ばれる汚染された産業・工業地帯を浄化し、新しく活気のある経済機会へと転換する動きが高まっている。 米環境保護庁(EPA)によると、ブラウンフィールドとは、危険物質や汚染物質の存在… 続きを読む »旧産業地帯『ブラウンフィールド』の再開発による商業の活性化

アップルのiPad導入により運営改善を図るノース・カロライナ州のコールネリウス町

ノース・カロライナ州のコールネリウス町(人口およそ25,000人)は6月から議会(コミッショナー委員会)でアップルのiPadを使い始め、議案(アジェンダ)の印刷をやめ、なるべく予算と自然資源の無駄遣いをなくす政策を追求し… 続きを読む »アップルのiPad導入により運営改善を図るノース・カロライナ州のコールネリウス町

厳しい未来に直面するロードアイランド州セントラル・フォールズ市

先週、州から任命されて市の財政を管理するセントラル・フォールズ市(City of Central Falls, RI)の管財人が、市の破産を宣言した。こうして市は、地方政府の破産について規定する連邦破産法第9章に基づく保… 続きを読む »厳しい未来に直面するロードアイランド州セントラル・フォールズ市

地方税源を巡るカリフォルニア州と自治体の対立

米国の州政府と地方自治体との最も興味深い特徴の一つは、彼らのいわゆる“くっついたり離れたり”の関係である。我々の日本人の同僚や読者が、米国の州政府と地方自治体の関係をしばしば十分に認識していないことの一つは、地方自治体が… 続きを読む »地方税源を巡るカリフォルニア州と自治体の対立

バンクーバー市

6月の3日から5日までバンクーバー市に久しぶりに行ってきた。いつも活気のある町だが、ちょうどその土曜日にスタンレー・カップのアイスホッケーの決勝戦があり、特に賑やかだった。 開発・再開発のプロジェクトは多いが、2・3年前… 続きを読む »バンクーバー市

電気自転車-将来のトレンドか?社会の迷惑か?

電気自転車-将来のトレンドか?社会の迷惑か?ニューヨーク市当局が対策に乗り出す。 電気自転車、またの名をe-自転車と呼ばれる乗り物が当局にとって頭痛の種となっている。騒音や大気汚染の無い環境に優しそうな(少なくともそのよ… 続きを読む »電気自転車-将来のトレンドか?社会の迷惑か?