04 6月 2012

ブルームバーグ市長の“肥満防止新戦略”―大型サイズのソーダ類販売禁止へ―

5月31日、ニューヨークのブルームバーグ市長は、大型サイズの砂糖入り飲料の販売を規制する方針を公式に表明した。規制されるのは16オンス(473ml)を超えるサイズのソーダ、スポーツドリンク、砂糖入りのアイスティーなどで、カップかボトルかといった容器の種類は問わず、デリ、ファーストフード店、映画館、野球場等での販売が禁止される。早ければ来年の3月の成立を目指しており、実施されれば全米初の試みとなる。

市によれば、ニューヨーク市の成人男性の半数以上が肥満又は太り過ぎであり、市民の3人に1人が毎日1本以上のソーダ類飲料を摂取していることが肥満の一因だという。市長はこれまでも肥満対策に積極的に取り組んでおり、過去には州によるソーダ類への課税を支持し、フード・スタンプ(政府が生活保護のために支給する食券)でのソーダ類購入規制導入を試みたが、いずれも成立しなかった。“新戦略”発表の翌日には市の公式HPに各界の専門家の支持表明を掲載するなど、3期目の任期も残り2年を切り、「やり残し」た肥満対策に取り組む市長の決意は堅いようだ。

HPに掲載されたBLOOMBERG’S NEW ANTI-OBESITY INITIATIVE への支持


ニューヨーク事務所次長 園原 隆(東京都派遣)