02 6月 2015

新着クレアレポート紹介 「ニューヨーク市における自転車利用環境について」

当事務所の吉川所長補佐(2015年3月末帰任)が執筆したクレアレポート、「ニューヨーク市における自転車利用環境について」が、クレア本部のウェブサイトに掲載されました。 自転車愛好家である筆者が、自らの愛車とともにニューヨーク中を走り回って、足で稼いだ情報を取りまとめた力作です。 「このレポートは、米国における自転車利用、自転車シェアリングプログラムの概況を報告するとともに、特に、米国の中でも最も進んだ『Bike Friendly City』として米国の自転車専門誌から評価されたニューヨーク市における自転車利用の状況を多角的かつ詳細に報告する。 次に、筆者は、自転車と公共交通との連携・融合の視点で考察を進める。さらに、自転車利用の安全確保の取り組みを丁寧にまとめ、ニューヨークと日本における自転車利用促進に向けた今後の課題について考察を重ねている。 特筆すべきは、筆者が愛車とともに、フィールドワークを積み重ねた緻密な記録が資料としてまとめられていることである。大分量であるので、フィールドワーク編として整理してある。実際のところを体感されたい方は、ぜひご覧いただきたい。まさに、日本にいながら、米国の最先端の現場に立っているような感を覚えられるのではないかと思う。 また、実地視察や聞き取り調査もニューヨークにとどまらず、ワシントンDC、コロラド州デンバー市、ジョージア州アトランタ市にまで及ぶ。これらの現地調査報告についても併せて、ご活用いただければと思う。」 (同レポート「はじめに」より抜粋) このレポートが、日本の地方自治体の今後の自転車利用環境整備推進の一助となれば、これほど幸いなことはありません。一人でも多くの方に、ご一読いただくことを願っております。   2015年6月 上席調査役 犬丸