19 7月 2011

日本とアメリカ合衆国の市街河川の水質改善

河川は、人類の歴史を通じ、流通、商用、健康、知識の発展に重要な位置を占めてきた。我々は河川を交通や食糧の調達に利用すると同時に廃棄物の投棄場所としても利用してきた。河川の水質汚染は人びとの健康に被害を与えるほどひどくなり、そこに住む生き物の数を減らしてしまった。河川に投棄された物の中には発がん性物質も含まれていた。 アメリカ合衆国、日本のみならず他の工業国すべて都市を流れる河川の水質... Read More
14 7月 2011

地方税源を巡るカリフォルニア州と自治体の対立

米国の州政府と地方自治体との最も興味深い特徴の一つは、彼らのいわゆる“くっついたり離れたり”の関係である。我々の日本人の同僚や読者が、米国の州政府と地方自治体の関係をしばしば十分に認識していないことの一つは、地方自治体が州政府の“創造物”であることだ。つまり、地方自治体は州政府によって如何様にも変えられるのだ。その事実を証明するのに、カリフォルニア州の政治ほど適したものはない。最近の州政府と地方自... Read More
06 7月 2011

ニューヨーク州地方公共団体の財産税(固定資産税)増税を制限する法案が成立

ニューヨーク州議会は、6月24日、州内地方公共団体の財産税増税を制限する法案を可決し、州知事による署名を経て法案は成立しました。 この法律は、州内のカウンティ、市、タウン、ビレッジ、学校区、消防区及び特別区が課する財産税の増額幅を、一部の例外を除き、それぞれ前年比+2%又は消費者物価指数上昇率のいずれか低い方に制限するもので、2012年に始まる財政年度から適用されることとなっています... Read More