ウェビナー「食で日本と米国をつなぐ」を開催

12月8日(日本時間)、JETプログラム経験者のウェビナーシリーズとしては今年度第2回目となるウェビナー「食で日本と米国をつなぐ」を開催した。本ウェビナーでは、海外向けに日本食ギフトボックスの配送サービスを提供しているココロケアパッケージの共同創業者リリアン 花子 ローラット氏を招き、日本の自治体関係者向けに米国での日本の地域産品のプロモーションについてご講演いただいた。逐次通訳もJETプログラム経験者のキア・シェリーン氏に依頼した。

ウェビナーでは、ココロケアパッケージが日本食を海外にどのようにプロモーションし、日本の生産者をサポートしているか、神奈川県との提携事例等を交えて紹介された。参加者からは多くの質問が寄せられ、自治体関係者にとって非常に関心の高いトピックであることを改めて実感した。

本ウェビナーの見逃し配信はこちらから。