JETプログラム後のキャリア形成に関するパネルディスカッションを開催します

本パネルディスカッションでは、JETプログラム参加者を中心に、日本での就労経験やそこで培った語学力を活かして、現在グローバルにご活躍される方々からお話を伺います。様々な業界・セクターから5名のパネリストにご参加頂き、日本での就労後にどの様にして日本と海外の橋渡しをするキャリアを築いてきたのか、日本での生活や語学習得のご経験、日本企業の海外ビジネスの現状等を中心に、率直な意見交換をして頂きます。本企画は、主に現役JET参加者及び卒業生の方々を対象に、将来のキャリア形成の参考にして頂くことを目的とし、全て日本語にて実施されるものです。

JET プログラム後のキャリア形成:JET で培った異文化を橋渡しする能力とグローバルなキャリアとは
2022年2月23日、7:00 – 8:30(日本時間) / 2022年2月22日、17:00 – 18:30(米国東部時間)

モデレーター
草壁 京(自治体国際化協会ニューヨーク事務所 上席調査役兼次長)

パネリスト
• ジェシカ・コルク (YKKコーポレーション・オブ・アメリカ、執行役員 広報渉外室長)
• マーク キーガン (北米三菱商事会社 広報・サステナビリティ部長)
• デービッド・ボーリング (米国通商代表部日本担当)
• マット・ブラウン (ブランズウィックグループ、ディレクター)
• カルメン・チャン(ブランズウィックグループ、アソシエイト)

主催 – ブランズウィック・グループ, USJETAA, 自治体国際化協会ニューヨーク事務所
後援 – 在アメリカ合衆国日本国大使館

参加希望者はこちらからお申込みください。