10 9月 2012

東北3県に是非いらっしゃい!~ワシントンDCで東北観光促進イベント~

2012年9月10日

東北地方に観光にいらっしゃい!素晴らしい観光と食を楽しみませんか!被災地の東北は頑張っています!

8月28日(火)夕、クレアニューヨークはワシントンDCの日本大使館と連携して、同大使館広報文化センター・ホールにおいて、東北大震災からの復興と東北地方の観光PRイベントを行いました。

この東北観光促進イベントは、同センターによる東北地方写真展(6月~8月)のフィナーレの一環として、日本大使館とクレアニューヨークの協力により行われたものです。クレアニューヨークからは被災地宮城県出身の伊藤崇宏所長補佐が参加し、被災地東北の正確な情報提供や復興状況の説明とともに、安全安心で魅力ある東北地方への観光の呼びかけを行いました。

イベントでは、関センター長による開会挨拶、JR東日本制作の新幹線及び観光PR映像の放映に続き、クレアによる東北観光のプレゼンテーション及びクイズ大会を行いました。その後、国際交流基金提供のドキュメンタリー映画「NHKスペシャル 東北夏祭り~鎮魂と絆と~」が放映されました。

クレアからのプレゼンテーションでは、日本における東北地方の位置やアクセス、放射能レベルに関する安全情報などの基礎的な情報のほか、東北の魅力紹介(四季や名勝地、祭り、郷土料理など)及び観光ルートの提案やお得な電車乗り放題チケットなどについて紹介し、東北への観光促進を図ったと共に、東北を訪れることが、被災地の復興支援において、最も有効な方法の一つであると訴えました。

またクイズ大会では、東北に関連するイラストを多く掲載し、視覚に訴えるクイズ形式であったことや、東北関連グッズを景品として提供したことにより、多くの来場者の関心を集めることができました。クイズの答え合わせの時間には、時折笑いが起こるなど、来場者に楽しんでもらいながら東北について理解してもらうことができました。

当日は、約100名の米国人が来場し、日本に高い関心を抱く方や高学歴で富裕層と見られる人々が比較的多く見受けられました。更に、JR東日本による東北新幹線PR映像に加え、東北の伝統的なお祭りの復興に力を注ぐ人々の様子などを描いたNHKのドキュメンタリー映画などは、来場者の関心を来場者の東北に対する興味をより引きつけました。そのことにより、クレアからのプレゼンテーションやクイズ大会が、より効果的に東北観光を訴えるものとなりました。

イベント終了後に開催された交流会でも、来場者より「是非、東北に行きたい」「中東旅行を変更して東北に行くことにした」というコメントや、「JR EAST PASS(外国人観光客向けの乗り放題チケット)の購入方法を教えて欲しい」などの具体的な質問もあり、強い手応えを感じるイベントとなりました。

今後もクレアニューヨークでは、他の機関や団体と連携・協力しながら、素晴らしい我が国の地方の魅力発信に取り組んで参ります。

熱心にプレゼンテーションに聞き入る来場者(在米大使館広報文化センターホール)

クイズ大会も含め、盛り上がったクレアNYC職員によるプレゼンテーション

東北観光を推進するバナーでお出迎え

3ヶ月間に渡り東北観光等をアピールした写真展の様子


伊藤所長補佐(宮城県派遣)