28 11月 2012

2012年JETAAアメリカ会議の開催

2012年10月26日から10月28日まで、サンフランシスコでJETAAアメリカ会議が行われました。 会議には、アメリカ国内各地のJETAA各支部(アラスカを除く18支部)の代表者37名と、3名の国代表、1名の顧問委員会代表が出席し、姉妹都市活動の支援、JETプログラム参加経験者のコミュニティやビジネスでの活動、日本の地方への観光促進当について、熱心に意見・情報交換が行われました。 ... Read More
27 11月 2012

ニューヨークでの日本酒テイスティング ~JOY OF SAKE~

9月20日(木)、米国最大の日本酒の利き酒イベントである「JOY OF SAKE」が、マンハッタン・チェルシーで開催された。主催者は、伝統的な酒造りの技法に対する鑑賞力の育成を目指す非営利団体“JOY OF SAKE”。同団体は、日本酒の素晴らしさを広く認知してもらうために、毎年大規模な利き酒会を日米3会場(ホノルル・ニューヨーク・東京)で実施している。 また、同イベ... Read More
21 11月 2012

ハリケーン・サンディに伴う地方政府の緊急事態宣言

2012年11月16日午後5時、ニューヨーク市郊外の自治体ママロネック・ビレッジ(Village of Mamaroneck:人口約19,000人)のビレッジ・マネージャー※1は、ハリケーン・サンディに伴う緊急事態(State of Emergency)の終息を宣言しました。ハリケーン襲来※2の前日、10月28日午後7時に緊急事態宣言が発効してから実に約3週間後のことです。 ... Read More
21 11月 2012

ハリケーン・サンディに関連したニューヨーク市長の執行命令

2012年10月29日から30日にかけて北米東海岸地域を襲ったハリケーン・サンディは、強風と高潮により、ニューヨーク市内だけで死者40名以上に上る甚大な被害をもたらした。 ニューヨーク市は、州政府及び連邦政府とも連携しながら、ハリケーン前の避難命令の発出、避難所の開設等に始まり、ハリケーン後の救助、治安維持、施設の災害復旧、倒木・瓦礫の撤去・収集、NPO等と連携した支援物資の配給など... Read More
21 11月 2012

公衆電話ブースの現代的な利用法 ―デジタル掲示板と無料Wi-Fiスポット―

今日、路上に置かれた公衆電話はほぼ「絶滅」している。公衆電話が利用されていた時代、つまり1980年代後半に一般消費者用の携帯電話が発明されるまで、公衆電話は街の至る所に置かれていた。バス停、鉄道駅、空港では公衆電話は旅行者の必需品であった。では、残っている数少ない、そして今や使われなくなってしまった公衆電話設置場所をどうするべきか? ニューヨーク市では、ある会社が、公... Read More
20 11月 2012

地下公園「ロー・ライン」構想

ニューヨーク市のマンハッタン西側には、廃線となった高架鉄道敷地を利用したユニークな公園「ハイ・ライン」(High Line)がある。そして今、マンハッタン南部の東側に、「地下公園」を作ろうという議論が行われている。 デランシー・ストリート(Delancey Street)の地下には、MTA(Metropolitan Transportation Authority: ニューヨーク大都... Read More
20 11月 2012

2012年JETプログラム新規帰国者レセプション等の開催

2012年11月10日、ニューヨーク市内で、JET新規帰国者の歓迎レセプションが開催されました。 レセプションには、今年、JETプログラムを終えて日本からニューヨーク地域に戻ってきた新規帰国者15名に加え、JETAAニューヨーク支部のメンバーや、ニューヨーク地域の各県人会を始めとする日系団体・企業の関係者、報道関係者、さらにはJUSTEプログラム(Japan-U.S. Trainin... Read More