20 10月 2016

「Fall Fes & Ramen Contest」で日本をPR

2016年10月16日(日)、日本の食や文化、観光のPRなどを行う「Fall Fes & Ramen Contest」がマンハッタンのアッパーウエストサイドの通りを使って開催された。同イベントは、日本食レストランのオーナーらを中心とした実行委員会の主催で、旅行代理店Amnetの協賛、JNTO(日本政府観光局)、American Airlinesなどの後援で開催された。お好み焼きやおにぎり、団子など和食が楽しめるブースのほか、浴衣や和小物の販売、似顔絵書きなどのブース、合わせて約60ブースの出展があった。

今回、在ニューヨーク県人会としては初めて、在ニューヨーク和歌山県人会がブース出展を行った。まずは、和歌山の存在と魅力をニューヨーカーに知ってもらうことを目的として通り過ぎる人たちが興味を持ちやすいよう、食べ物のパンフレットやインパクトのある観光地のポスターを目立つように掲示した。物販を行わないため、集客を見込めるか不安であったものの、大勢の訪問客があった。訪問客の多くは数ヶ月以内に日本への旅行の予定があるという人々で、東京や京都、大阪に訪れる人が多く、和歌山の位置や各地から和歌山までの移動時間など基本的なことを問われることが多かった。和歌山の知名度はまだまだだと感じる一方で、和歌山の観光や食に関するパンフレットについては、皆興味を持って進んで持ち帰ってくれたため、和歌山の持つポテンシャルを感じることができた。

今回のフェスでは、定例のブース出展に加え、ラーメンコンテストも同時開催された。札幌、鹿児島から渡米し出展した「175 Deno」や「Menya Jiro」のほか、ニューヨーク、ニュージャージーにあるラーメン店、合計12店が参加した。同コンテストは、購入したチケット1枚と好きなラーメン1杯を交換することができ、各ブースの最終的なチケット獲得数で順位が決まるものである。来場者はチケット獲得数1位から3位までを予想し、全て当てると、日本とニューヨークの往復航空券が抽選で当たるという企画も行われた。
和歌山出身の筆者は、県人会ブースの後、和歌山出身のオーナーが手がける「紀州屋」というラーメンブースの手伝いを行った。ブースでよく聞かれた質問については、ラーメンの辛さはどうか、ベジタリアン用のラーメンは置いているか、肉とスープはどの種類を使っているかといったものがほとんどであった。大人には辛いラーメンが好まれる一方で、子供でも食べられるマイルドなラーメンも家族連れには需要がある。また、ハラルフードかどうか、ベジタリアン対応メニューかどうかという点も大切な点である。ラーメンブースのボランティアを通じ、ニューヨークにおけるラーメン人気を改めて肌で感じるとともに、和食のアプローチ方法についても改めて考えさせられる機会となった。
ちなみに、コンテスト結果については、驚きの同票1位で日本からの2店が、続いて、ニューヨークとニュージャージーの両方でその味が楽しめる「Genji Ramen」が選ばれた。
img_4132

(和歌山県派遣 丸野所長補佐)