10 1月 2012

マンハッタン 42番ストリートの路面電車・歩行者天国化の提案

11月にJLGCの事務所で、42番ストリート(注:マンハッタン中心部を東西に走る大通り)の再開発を目指すvision42という非営利団体のメンバー二人から、同団体の計画を説明していただいた。近年、ブルームバーグ市長の方針によって自転車専用レーンの設置や歩行者天国の開催が町中で進められてきたことを背景に、この計画は、42番ストリートを通行止めにし、代わりに路面電車と歩行者天国を設置しようというものである。交通の便が悪いと悪名高い反面で、劇場や観光名所等が並んでいるこのストリートは観光客や買い物客に人気があり、にぎやかでますます込んできている。

関連して、最近のニューヨークータイムスの記事によると、ニューヨーク市交通局は毎年5月と9月に道路の混雑状況を調査している。このデータによると、去る5年間にマンハッタン全体の「歩行者量指数」(Pedestrian Volume Index)は10パーセント以上増えた。特に42番ストリートに隣接するタイムススクエアーの歩行者の量は、車両通行制限が設けられてから12パーセント以上増加したとのことである。

さらに、同交通局のウェブサイトによると、今後、市内五地区にある14の混雑の多い道路を調査し、渋滞緩和対策等を検討するそうである。目的は、歩行者、自動車、自転車等の流れをもっと安全で滑らかにするとともに、空気をきれいにし、交通網が経済成長や環境の持続可能性を支えるようにすることである。

42番ストリートには、現在、普通乗用車やトラックもバスと混じって走る四車線(片側二車線)道路があるが、違法駐車などによってバスの進行が妨げられ、場合によっては歩いたほうが早いと言われる。しかし、その脇にある歩道も一日中混んでいて歩きにくい。ただし、vision42の説明によると、意外に車の数は少ない。また、これから、マンハッタンの西側(West Side)と東側(East Side)が両方とも更に開発される予定であるため、42番ストリートの下を通る地下鉄の7番線が西側まで延長されても、交通手段としては十分ではないであろうとのことである。

それで、vision42の計画では、バスや車の代わりに路面電車を走らせ、広い歩道に並木やベンチなどを設置し、歩く環境に良い、町の中心にある公園のような穏やかな環境にすれば、マンハッタンの横断も早くなるし、人々の健康も、店舗の売り上げも、周辺の不動産価格もすべて良くなるのではないかと想定されている。こうした歩行者天国と路面電車の組み合わせは、米国ではヒューストン市、ポートランド市などいくつかの成功例があり、ヨーロッパでも、アムステルダム市などが成功例とされている。コロラド州デンバー市のシャトルバスが走る歩行者専用の「16番ストリートモール」も魅力的なデザインと買い物客に優しい環境のおかげで繁盛しているとのことである。

しかし、vision42の提案に反対の声もある。42番ストリートにある商店は、来店客の増加により売り上げが増えても、トラックが通らなくなったら品物の配達が難しくなるのではないか、その対応策に人件費も増える恐れがあるのではないか、と心配しているらしい。また、車が42番ストリートを利用できなくなれば、周りのストリートが混雑するとの心配もある。これに対し、vision42は、商品配達に関する対応策が必要であっても商店にとっては増加する利益のほうがより高いと見込まれること、他の都市での調査によれば、ある道路を通行止めにしても周りの道路は別に混雑しないというデータがあることを説明している。ある道路が使えなくなると、車は周辺の別の道路を利用するのではなく、その地域を通らなくなり、車の量が結局減るそうである。42番ストリートでも同じ現象が期待されている。

とりあえず、vision42の提案は前に進まなくても、ニューヨーク市では42番ストリートも含めて交通渋滞の緩和策、歩行者や自転車を優先する環境保護対策等がこれからも他の世界中の大都市と同じように求められるものと思われる。ブルームバーグ市長の任期が終わってからも引き続き市政の課題に残るだろう。

技術的要素や財源確保の提案等に興味がある方は、vision42のウェブサイト www.vision42.orgを御覧いただけば、豊富に情報が掲載されている。また、ニューヨーク市交通局のウェブサイトはhttp://www.nyc.gov/html/dot/html/home/home.shtmlであり、市内五地区の14の混雑の多い道路の調査に関する情報はhttp://www.nyc.gov/html/dot/html/motorist/corridorintro.shtmlにある。


2012年1月10日
Matthew Gillam, Senior Researcher